shibakazu

柴田がいろいろやるサイト

武士道

【テキスト版】ターザン山本の「オナニーがセックスを超えた時代」

更新日:

ターザン&柴田の「風の声ラヂオ」

■ターザン山本
1946年、山口県生まれ。元週刊プロレス編集長。カリスマ編集長として一世を風靡するも、1996年に記事「地方で手を抜く新日本」をきっかけに新日本プロレスから取材拒否を受け、責任を取って編集長を辞任。同年に発行元を退社。その後は流浪の者となり自由に生きる。

■柴田和則
1977年、秋田県生まれ。2006年、豪州に渡り、放浪ののちユダヤ人学校の清掃夫の仕事を得る。2008年、現地の日系誌に編集ライターとして参加。2010 年に帰国し、K-1オフィシャルサイト編集部に所属。2015年、「巌流島」の立上げに合流。2020年に女武士道「凛」を立ち上げ。

セックスはフルコンタクト空手。オナニーは伝統派空手

柴田 今日は何を話すんでしたっけ?

ターザン お前が言え。

柴田 え〜、恥ずかしいなぁ。今日はオナニー論ですね。

ターザン おお、まさにジャストタイミングミートですよ!

柴田 ジャストタイミングミート?(笑)

ターザン 今この時代。令和3年。コロナ禍時代。世の中の価値観が大々的に圧倒的に変わりつつある時代。あらゆる価値概念が崩壊した。すべての普通であった日常生活がなくなった。果たしてこれからどうなるんだ?というときに、ひっそりと静かに進行してるのは、実は「オナニー革命」なんですよ!

柴田 ひっそりとオナニー革命が起きていた(笑)。

ターザン オナニーレボリューションが、今じわじわじわじわと浸透してきてるんですよ。今生きているオスとメスの、男と女の世界の中で、オナニーというものが新しい展開を見せつつあるんだよ。

柴田 ようやく時代が追いついた?

ターザン 時代はセックスからオナニーへ、という形になってきたわけですよ。

柴田 もともとはオナニーというと負け犬な感じでしたよね。

ターザン オナニーというのはセックスをできない男が、セックスの代償行為としてやってるのが80%で。女の人のオナニーはまぁ置いといて、男の独占物だったわけですよ。男がセックスをしないで発射すると。そこにセックスに代わる快感があるという、それが負け犬たちの根拠だったわけですよ。

柴田 ルーザーの行為だったわけですよね。

ターザン よく考えてみたら、セックスというのはダイアローグなんですよ。男と女の対話なわけですよ。肉体的な対話なんだよね。でオナニーというのはモノローグなんですよ。モノローグは頭の中でバーチャルな想像力の中で楽しむ。それがオナニーなんですよ。セックスというのは肉体と肉体が一対一でガチンコで、寸止めじゃなしにセメントでやるものなんですよ。空手でいうと直接対決なわけ。

柴田 セックスはフルコンタクト空手(笑)。

ターザン そう。フルコンタクトセックスなわけですよ。それでオナニーは寸止めセックスなわけ。

柴田 オナニーは伝統派空手(笑)。

ターザン そうそう。そういう分類というか分け方があったわけですよ。

柴田 あったかなぁ(笑)。

ターザン そういう形で調和した世界があったわけ。

柴田 山本さんにはそう見えてたんですね。

ターザン 見えてた。ところが男も女もね、セックスに飽きてきたんですよ。

柴田 ようやく。

女は根源的に実存的にオナニーの天才少女

ターザン ようやくなのか、しかたなくなのか、ついでなのか、絶望的なのか、わからないけども、セックスというものに対して飽きてきた。そしたら、その先にあったものは実はオナニーだったという、ものすごいパラドックスの時代にあるわけですよ。

柴田 パラダイムシフトですね。

ターザン フルコンタクトでやったら疲れると。気をつかうと。イクまでも大変だと。男も女も計算も戦略もあるし、駆け引きもあるから。そういうフルコンタクトのセックスはや〜めたと。

柴田 疲れるし、傷つくし。

ターザン そう。だったら脳内セックス、つまりオナニーのほうがよっぽどいいんじゃないかということを、なんだかよくわからないけども男が気づいてきたわけですよ。男の90%以上はモテないから、フルコンタクトはできないから、オナニーに行くしかないという現実もあるわけ。それで余計に男はオナニーに走るわけですよ。あのね、実は女もそうでさ。俺はAVを何百回、何千回と観ることで大発見したんよ。

柴田 毎日AVを観てますからね(笑)。

ターザン これまで単にAVの声を聴いて、興奮して発射すればいいという形でやってたんだけども、よく見てたら、なんだこれは!?ということに気づいたんよ。

ターザン 研究家か(笑)。

ターザン 女という存在を見ていると、女はセックスでフルコンタクトでぶつかり合って、ダイアローグをしてるんだけど、実は単に男という肉体を借りてきて、添えて、セックスをしてるように見えて、その瞬間にオナニーの世界に入ってるんですよ!

柴田 ああ、男を利用して自分でやってるわけですね。

ターザン そう。そのためには男の肉体が必要なわけですよ。借り物を持ってきてセックスをやりながら、オナニー的な想像力の中で、完璧なオナニーをやっているんですよ!

柴田 男は自分が主導してるつもりだけども。

ターザン 男はセックスをすることで女を征服したと。勝ったと思ってやってるんだけど、実は女からしたら、お前なんて単なる借り物なわけですよ。

柴田 単なる道具なんですね。

ターザン 男という生き物としての道具でしかないんよ。

柴田 ダッチワイフならぬダッチハズバンドだったと。

ターザン そう。その道具を利用して頭の中で男的なオナニーを俺たちの100倍、1000倍、10000倍楽しんでるのが女ですよ。女はセックスをしてるんじゃない。女こそ根源的に実存的にオナニーの天才少女なんですよ!

柴田 オナニーの天才少女(笑)

ターザン 俺はこれを発見した瞬間にさ、もともとインポなのに脳までインポになったよ。こんな巨大なカラクリがあったんだなと。それに気がついて、俺はなんておめでたい、甘い人間なんだと。男というのはなんてくだらない、どうしようもない存在なのかと。女の手のひらで踊らされてさ。バカ丸出しじゃないかと思ったわけですよ。

柴田 女性はすごいですねぇ。

オナニー体操で毒を吐き出し、ゼロになれ

ターザン 女性こそはオナニーの極致を走ってる人物ですよ。セックスなんてのはどうだっていいわけですよ。だから、俺たちは単なる借り物だよ。これをわかっていない男というのはドツボだよな。あと俺のオナニー理論を言うとね。俺は立石に住んでるんだけども、散歩コースがあって、広い公園があるんですよ。夏なんかは朝6時半になると、そこでお年寄りの方々が輪を組んで、ラジオ体操をやってるんだよね。そのために朝早く起きて、体を動かす。それが健康にいいと思ってやってるわけ。俺からしたらアホだなぁと思ってさ。

柴田 なんでよ(笑)。

ターザン 俺、前に言ったでしょ。オナニーとは朝にするものだって。俺にとって朝のオナニーは健康の秘訣、ラジオ体操なんですよ! オナニー=ラジオ体操なんですよ。そのオナニーのラジオ体操をやって、毒を吐き出して、すっからかんになって、ゼロになって、その1日をささっと行くわけ。公園のラジオ体操より、この俺の6畳半のパーソナルラジオ体操のほうがはるかに意義があるわけですよ。

柴田 オナニー体操のほうがよっぽど効果的だと。

ターザン 俺は公園で「何やってんだ、このおじいさんたちは?」と思いながら見てるんだよね。

柴田 あなたもおじいさんだけどね(笑)。そんなことする暇があったら、お前たちも家に帰ってオナニーしろと。

ターザン そう。家でひとりでラジオ体操をしろと。家族に隠れてひとりでやれと。

柴田 家族に隠れてひとりでするラジオ体操、ってなんだよ(笑)。

ターザン その秘密がまたおもしろいわけですよ。

柴田 頭も体も活性化されるし。

ターザン 男でもセックスしたあとにオナニーするやつがいるっていうんだから。そっちの快感をおぼえちゃってるからね。今は時代はオナニーですよ。

柴田 もうオナニーのほうが上をいっちゃったわけですね。

ターザン だって女は昔からそうやってるんだから。俺たちはその女のオナニーの餌食ですよ。

柴田 セックスには限界がありますしね。

ターザン 限界があるよぉ。他人を目の前にするから、いろんなことがわかるわけじゃない。めんどくさいじゃない。オナニーだったら脳内だけで完璧に完結するものでしょ。だから、それはすごく純粋なわけですよ。そこに他人が入ってないから。

柴田 決まった型もないし。そうなると個の力が試されますよね。

ターザン そう。個としての純化されたものが爆発するのがそこであって。脳内爆発するわけですよ。これほど素晴らしいものはないよ。

柴田 ということは、それをできている人はエリートだということですね。

ターザン エリートですよ! やらないやつはバカですよ。毎日、朝6時半になったら部屋でラジオ体操(オナニー)をしろと。それで自分の中の毒を吐き出せと。俺が健康的で肌がきれいなのは、そのおかげですよ。

柴田 それがエリート。オナニーこそが上位概念であると。

ターザン でもさぁ、俺は50インチの。

柴田 あと5秒!

ターザン お、あ、そうか! なんだー!

柴田 また次回!(笑)

-武士道
-, , ,

Copyright© shibakazu , 2021 All Rights Reserved.