ライフスタイル 武士道

音声メディア参入のターザン山本に驚愕と賞賛の声。未知の怪物ターザンが全レイヤーを撃ち抜く

更新日:

ターザン山本さんと2021年から始めた音声メディア「voicy」の評判がすこぶる良い。

どうもこれまでのファンはもちろん、他ジャンルの人々や若い世代の層にも刺さり、
「なんだこれは!?  いったい何者か!?」という状態になっているようだ。
我々としても、ターザン山本を知らない層にこそ届けたいという思いがあるので、
さっそくのこの流れは嬉しいかぎり。

そんなリスナーの方々の声を以下に列記したい。

さて今後も毎回楽しく、できるだけ良い内容にしていくことはもちろんなのだが、
ターザンさんとはとにかくライフワークとして、ある種、淡々と、
長く続けていくことが肝要と、何度も確認し合っている。

笑っていいともや徹子の部屋や世界の車窓からのように、
日々の中でそこにあるのが当たり前という存在になれればいいと思う。

ターザンさんが100歳を超えて老いぼれても、
私が介護ベットの横にまで駆けつけて、放送の収録を続けていきたい。
まさに“ライフワーク”だ。

そうしてターザン山本の哲学やメッセージを届けていきたい。

私自身、中学・高校という青春時代に、
田舎でターザン山本の「週刊プロレス」を毎週購読し、
彼の哲学やメッセージを体感し続けていた。
それはさながらこの世で唯一の心の友との
“通信制交友”ともいえるものであった。

その実体験をまた次の若い世代に向けて紡いでいけるなんて、
こんな嬉しいことはない。

また、みなさんにターザンさんの声を届けたいと思えばこそ、
私自身、ターザンさんの一人語りを聞いてほしくて、
実際に昨年末に企画したターザンさんとのトークショーは
ターザン山本セミナー」という一人語りの体にした。

しかし、どうもターザンさんを見ていると
講師的な一人語りには興味がないというか、やる気がしないようで、
今回の音声メディアも「お前(柴田)と二人でやることに意味がある」
とおっしゃってくれたので、まぁ正直なんのことを言っているのかよくわからないのだが、
いっても頭のきれる方ゆえ、そこには何かがあるんだろうということで、
ターザンさんの横で「バウバウ。山本さん。バウバウ」とやっていたいと思う。

そんなわけで、週2ペースで「風の声ラヂオ」を放送していきます。
ゆるく、たまにポッと心に火をつけながら聴いていただければです。

-ライフスタイル, 武士道
-, ,

Copyright© shibakazu , 2021 All Rights Reserved.