女武士道「凛」 格闘技 武道

女武士道「凛」オフィシャル競技ルール

更新日:

女武士道「凛」 公式競技規則

ロープ・ケージなしの闘技場。10分×1R(or 5分×1R)。
道着の上衣着用。オープンフィンガーグローブ着用。
寝技30秒サブミッションあり。パウンドなし。3カウントフォールあり。
場外押し出しあり(転落10回)。


第1章 体重 階級

1.階級

両者の契約に基づき契約体重を設定し、遵守する。

2.計量、契約体重

①出場選手は審判団立ち合いのもと実行委員会が指定した日時に行われる公式計量に合格しなければならない。なお、公式計量に合格できなかった場合の再計量は公式計量の指定時間から1時間とする。再計量にも合格しなかった場合の最終計量は公式計量から12時間後とし、最終計量にも合格しなかった場合、原則的には不戦敗となる。
②上下ともに必要最低限の衣類で計量を受けなければならない。
③計量に失敗した場合、故意に計量を無視する、また前計量結果から逸脱するような結果を出すなど試合出場に向けての誠意が見られない行為を行った場合、処罰の対象とする。
④一方の選手が計量に失敗した場合でも、計量に合格した選手が試合を望んだ場合、審判団、主催者と3者による協議の上、競技面および金銭面でのペナルティを課した上で試合を行う場合がある。

第2章 試合場

1.試合場(闘技場)は主催者が用意し、実行委員会が認定したものを使用する。闘技場には、ロープや金網等周囲を囲むものはない。闘技場下にはマットその他を設置するものとする。
2. 闘技場の円形内を「場内」、円形の外のエプロン部分を「場外」と定義する。

第3章 競技装具

選手は本章1に定める競技装具を必ず着用しなければならない。また、本章2に定める競技装具を任意に着用できる。これらすべての競技装具は試合前の指定の時間に行われる審判団によるチェックを必ず受けなければならない。

1.着用義務のある競技装具
①選手は自身の流派の道着(上衣)を着用しなければならない。上衣の袖の長さの調整は、各選手の裁量とする。選手が道着を準備できない場合は、実行委員会が貸与する道着を着用する。この場合、選手は道着の袖の長さは調整できない。道着の下衣については、選手自身が用意するショートスパッツ型(もしくはロングスパッツ型)の下衣を着用しなければならない。道着に装着する広告ワッペン等は、選手の意志で装着してはならない。スパッツへの装着は可。
②実行委員会が用意したオープンフィンガーグローブ。
③選手個人が用意したマウスピース。

2.任意で着用できる競技装具
①ショーツ、ショートスパッツ等を道着下衣のインナーとして着用してもよい。金具、プラスチック等危険と判断されるものが付いている場合は認められない。
②負傷箇所等の保護のためのテーピング、サポーター等を使用してもよい。 ただし、用具チェックの際に審判団のチェックをクリアしたものに限る。負傷箇所保護目的以外のニーパッド、シンガード、エルボーパッド等の使用は認められない。
③拳へのバンテージを巻くことは認められるが、内部に芯、こより等異物を巻き込んではならない。また、拳骨の形が確認されない厚さに巻いてはならない。また、バンテージを固定する範囲でのテーピングの使用は認められる。ただしテーピングで拳を固めることは禁止とし、バンテージを使用する場合は、バンテージチェックルームにて審判団立ち合いの元でバンテージを巻き、チェックを必ず受けるものとする。
④選手個人が用意したファウルカップ

3.上記1,2で指定された競技装具以外の着用は認められない。但し安全上の理由により実行委員会が必要と判断し、審判団が承認したものに関してはこの限りではない。

4.顔面部・頭部への塗布物は禁止。ただ、みだしなみ程度の化粧および整髪料は許される。

5.試合中に選手の競技装具が常態でなくなった場合、主審が試合を中断し、処置をする。選手は競技装具が常態でなくなったことを認識した場合、主審に口頭で告知することができるが、主審の判断以前に自分で試合を中断することは出来ない。また、故意に試合を中断させる目的で帯をほどく、道着を乱れさせるなどの行為は認められない。

6.靴の使用は一切認められない。

第4章 試合

1.試合時間
試合時間は「10分×1R」とする。アマチュア選手の場合は「5分×1R」も選択可。なお、U-18の試合は「5分×1R」で行われる。

2.攻防状態の定義
①スタート状態
試合開始時は、両者が円の両端に片足をかけ、ファイティングポーズをとった状態で主審の「はじめ!」の合図により試合開始する。再開する場合は、両者間、約2メートルの間隔を開け、主審の「始め!」の合図により再開する。
②スタンド状態
選手の足裏のみが床に着いている状態。
③グラウンド状態
上記スタンド状態以外の身体部分が1か所以上床に着いている状態。両者がグラウンド状態に入った時点で主審は「寝技」の合図をし、アナウンサーは30秒のカウントを行う。カウント終了後には「待て」の合図によりスタンド状態に戻る。
④場外について
スタンド状態、グラウンド状態にかかわらず、攻防は全て円内の試合場内で行わなければならない。
スタンド状態で一方、または両方の選手が場外に出た場合は、主審は「場外」をコールし、試合場内で闘うよう口頭で喚起する。
両者グラウンド状態の場合、また一方の選手がグラウンド状態、一方の選手がスタンド状態の場合は、どちらか一方の選手の体の一部分が円内にある限り攻防を継続する。但し、制限時間内においても、両者の動きが膠着した場合は、主審の判断によりスタンド状態に戻る。

3.勝 敗
①試合の勝敗は「一本勝ち」、「判定」、「失格」により決する。

一本勝ち:
1. 選手が相手の打撃攻撃および投げ技により戦闘不能状態、または意識喪失した場合。
2. 選手が相手の打撃攻撃によりダウンし、10カウントが数えられた場合。ただ、選手が追撃にいった場合はダウンカウントをとらずに続行させる。
3. 相手の両肩(両肩甲骨の下部を結ぶライン)をマット上で3秒間押さえたら勝利。このとき、フォールする選手はレフェリーに対して口頭で「フォール」と伝え、フォールする意思を表すこと。その他の状況においては、選手の両肩がマット上に接していてもフォールカウントは取られない。
4. 関節技、絞め技により戦意喪失の意思表示をした状態、または意識喪失した場合。
5. 場外転落した際に戦闘不能状態、または意識喪失、戦意喪失により試合場内に戻れない場合。
6. 試合中に相手選手のみを10回闘技場下に転落させた場合。「5分×1R」の試合では5回の転落で試合終了となる。なお、両者ともに落下した場合、いずれの体勢でも「有効」等の優勢ポイント加算はされない。
7. 審判団およびリングドクターが試合続行不可能と判断した場合。セコンドがタオルを投入した場合、あるいは試合中に戦闘意思を失い自ら逃避等、試合を放棄する行為を行ったと審判団が判断した場合。
※なお、試合中に戦意喪失した選手は、レフェリーに試合中断の意思を伝えたうえで、座礼をして「まいりました」と伝えることで試合を終了させることができる。試合結果は、相手の一本勝ちとなる。

主な有効技:
・スタンド状態での拳頭部によるパンチ、鉄槌、手刀、掌底など手による打撃。
・スタンド状態でのキック、ヒザ蹴りなど足による打撃(U-18の試合では頭部・顔面への膝蹴りは禁止)。
・道着、身体を掴んでの投げ、防御、打撃。
・両者グラウンド状態での30秒以内の関節技、絞め技(膠着した場合はブレイク)。
・バスター、スパイキング以外のあらゆる投げ技。
・タックル、カニ挟み、引き込みなどグラウンド状態へ持ち込む技。
・スタンド状態での関節技、絞め技。

②判定
1.試合の決着が時間内につかなかった場合、審判員3名の採点により勝敗を決する。各審判員はラウンド毎に優劣を採点し、合計点により3名のうち2名以上が優勢と支持した選手を判定勝ちとする。副審は3ラウンド終了時、マスト採点を行うものとする。なお、偶発性の事故により一方もしくは双方の選手が試合を続行出来なくなった場合、その試合は事故が起こるまでの判定により試合を決するものとする。
2.判定基準
判定においては、効果的なダメージを与えた打撃、投げを優先的に評価し、積極性、一本勝ちを目指す姿勢、試合のコントロール等を反映させた加算法とし、以下の攻撃を受けた場合はポイントがプラスされるものとする。
1.打撃攻撃によってダウン相当のダメージを受けた場合(+2ポイント)。
2.柔道の一本、サンボの4ポイント以上に相当する投げ技、またはダウンに相当するダメージのある投げ技を受けた場合(+2ポイント)。
3.以下の攻撃に関しては(+1ポイント)されるものとする。
・クリーンヒット
・流派の特徴ある技が決まった場合
・アグレッシブな攻撃
・試合の支配
・場外への押し出し(有効の採用はなし)
※場外際で不利な状況にある選手が意図的に両者場外転落を誘発したと判断された場合(-1ポイント)。また場外に意図的に出る行為も(-1ポイント)とする。
4.審判員に警告(イエローカード提示)を受けた反則を行った場合(-1ポイント)。

4.タッグマッチ
・2選手編成のタッグチームが対抗するタッグマッチ形式で行われる。
・控え選手は所定の位置で待機。闘っている選手は、ピンチやスタミナ切れのときに控えのパートナーとタッチすることで交代可能。
・控え選手は試合中に他の選手に直接触る、マットを叩く、対戦相手・審判に暴言を吐くなどの行為をしてはならない。
・15分1本勝負で行われる。
・敗退した選手は失格となり、その後の試合への参加権を失う。2選手がともに敗退した時点で相手チームの勝利となる。
・時間内に決着がつかなかった場合、審判員3名の採点により勝敗を決する。

5.反則による失格
①選手が重大な反則行為を犯し、失格と判断された場合。
②警告によるイエローカード提示が3回あった場合。

6.無効試合(ノーコンテスト)
①第1章2④に該当する場合。
②実行委員会もしくは審判団の判断により、試合不成立と判断された場合。

7.試合結果の保留
①試合の裁定をその場で決するのに適さない事態が発生した場合、審判団は試合結果を保留し、実行委員会に審議を預けることができる。

第5章 反則

本章に定める行為は反則であり、これを犯した場合、相応のペナルティが課される。

1.故意に相手の頭部・顔面を狙った頭突き(相手にコンタクトする際、お互いの頭部が接触する等の偶発的な状態は反則としない)
2.目、鼻、口内など粘膜部への直接的な攻撃。
3.故意の金的攻撃。
4.つねり、かみつき。
5.手指を用いて気管を押しつぶす・喉をつかむなど喉へ対する直接的な攻撃。
6.後頭部・延髄・脊髄への打撃攻撃。
7.頭髪を引っ張る行為。
8.頭部・顔面への肘打ち。U-18の試合では頭部・顔面への膝蹴りも禁止。
9.相手を頭から落とすバスター、スパイキング(U-18の試合では、相手が頭部から落ちる可能性のある
投げ技自体を禁止とする)。
10.故意に試合場の外へ出る行為。
11.一方の選手がスタンド状態、一方の選手がグラウンド状態にある場合の足による頭部、顔面への攻撃。ただし、両者グラウンド状態またはグラウンド状態の選手によるスタンド状態の選手への足による頭部、顔面への攻撃は有効とする。
両者グラウンド状態での30秒以降の打撃攻撃および全ての関節技、絞め技。また、すべてのポジションにおいて指への関節技は反則とする。
12.相手に対しダメージを与えると認められない無気力な攻撃、及びスタンド状態で膠着を誘発する動きを繰り返した場合。グラウンド状態で膠着した場合は主審が即ブレイクを命じるため反則とはならない。但し攻防を回避するために明らかに積極性のない引き込みなどを繰り返す行為は反則とする。
13.道着を故意に脱がす行為。道着の全ての箇所を掴むことは有効であるが、相手が下衣にスパッツを選択している場合、スパッツを掴む、引っ張る行為は反則とする。
14.帯を使用し、相手の首を絞める行為。
15.ブレイク中、ラウンド終了後の攻撃。
16.武士道精神に反する行為、非人道的な行為。
17.セコンドの選手への接触を含む妨害行為。
18.試合中、セコンドが試合場に触れる行為。
19.イベント中(試合中及び試合の前後)において競技役員の指示、命令を尊守出来ない選手及びセコンドの行動及び言動。
20.八百長行為。
21.審判より塗布されるワセリン以外を身体、競技装具に塗布する行為。
22.審判団のチェックを受けていない競技装具の着用。

反則の処置
1.試合開始前に反則行為が行われた場合、減点された状態で試合開始される場合や、反則負けになる場合がある。
2.試合中の攻撃により反則を受けた選手が甚大なダメージを被った場合、審判団と大会医師の判断により、十分に回復を待って試合再開となる。その場合適切な減点を与える。
但し、大会医師が試合続行不可能と判断した場合は、反則攻撃を行った選手を失格とする。
3.反則が試合後に判明した場合は試合結果が変更になる場合がある。

-女武士道「凛」, 格闘技, 武道
-,

Copyright© shibakazu , 2020 All Rights Reserved.