ライフスタイル

2018年の東京と1988年のトーキョーシティナイトを比べてみた

投稿日:

続トーキョーシティナイト

2018年もいろんなことがあったりなかったりですが、早いものでもう一年の半ばをむかえました。

そんな初夏のころに、なぜか30年ぶりに、ZIGGYの「トーキョーシティナイト」を聴いてみた。中学の頃に学園祭のバンド演奏でよくコピーされてたな。今聴いても意外なほどにかっこいい。

同時期にZIGGYの「GLORIA」という曲が、トレンディドラマ「同級生」の主題歌になってヒットしてたよね。

このドラマは何がすごいって、飯島直子ではなく、網浜直子が出演していたことだ。網浜直子ってどんな顔だったったけな? まぁ、そんなことはどうでもいいんだが。

さて、「トーキョー」といっても、現在2018年の東京と、バブル全盛の1988年の東京では、そのワードの持つ意味もだいぶ変わってくるだろう。

では今改めてトーキョーシティナイトの歌詞を振り返ってみましょう。

乾いた街のもう一つの顔は
花で飾りたてた女のようだ
誰もがここで蠢いてあがいている
金と名誉だけを求めて

ためらいがちに ためらいながら
振り向かずにはいられない

TOKYO CITY NIGHT 乱れ咲き誇るバラの
TOKYO CITY NIGHT 色と誘いに満ちた
TOKYO CITY NIGHT 傷つけられる程に
TOKYO CITY NIGHT 今夜も

時間は止まる 立ち止まらぬ人の中で
朝も昼もなく そして夜もない
肩で風でも切らなけりゃいられない
うずくまっている暇はない

この中でいうと「金と名誉だけを求めて」というフレーズが実にバブル的だと思う。

現代の我々もそりゃ金をくれるというなら受け取るし、承認欲求はあるだろうけど、そこは“文脈”がかなり違ってくる。

飯島直子と網浜直子くらい違ってくる。あ、いや、網浜直子さんも好きですよ。「ダブルナオ」のこともちゃんと覚えてるくらいに。

現代の地点から80年代バブルを眺めて思うのは、時代の要求は「豊かさ」から「自由さ」に変わったんだな、ということ。時代のヒエラルキーの転換はすでに済んでいる。

これだけ言っても何を言ってるのか、ちんぷんかんぷんでわからないというおっさんには(俺もおっさんだが)、下記のボブ・ディランの曲のフレーズを贈りたい。

Something is happening here
But you don't know what it is
Do you, Mr. Jones ?

ミスタージョーンズはいつの時代にもいる。それだけは変わらない。

なぜ東京なのか考えてみた

 

-ライフスタイル
-, , ,

Copyright© shibakazu , 2019 All Rights Reserved.